唯子のキラキラ成長日記

学校でのこと 家でのこと そのほかいろいろなこと
離れて暮らしているけど一番気にかけてくれている人に
日ごろの様子をお知らせするためのリポートブログです

★唯子さんの担任の先生から電話がありました♪

2019年1月9日(水)








本日の朝ごはん♪

●目玉焼き
●プチトマト&レタス
●アロエヨーグルト
●りんご
●ココア





本日の通学コーデ♪

●黒のハイネックシャツ
●裏起毛のぽかぽかジーンズ
●多色使いボーダーのフード付きカーディガン





本日の学校給食♪

●わかめごはん
●牛乳
●雑煮
●シャキシャキれんこんとツナのきんぴら
●黒豆





本日の晩ごはん♪

●寄せ鍋(白菜 ネギ 豚肉 シイタケ 豆腐 水餃子 かまぼこ)





18時30分ころ


唯子さんの担任のO先生から電話がありました



担任の先生からの突然の電話にちょっとびっくりしました


学校で何か問題があったの? いじめ? 


そんな風に考えてしまうのは わたしだけではないと思いますが



用件は 


《来週の生活科の授業で 自分が生まれた時のこと 1歳の時 2歳の時 3歳の時など


親にインタビューをしてプリントに書いてくる宿題を出します


インタビューをしたことをまとめたプリントと写真を使って授業を進めていくのですが


唯子さんは 小さい時の写真がありますか?


写真がなければ 無理に用意しなくてもよいです


授業でも 唯子さんが答えられないようなら 当てずに済ますことも可能です》



そう 先生が事前に伝えるために わざわざ電話をしてくれたのですが



わたし 『・・・・・・・・・・・・』



☆この授業の目的☆


生活科の学習で自分の成長を振り返り、感謝の気持ちをもつとともに、3年生への願いを持てるようにする目的だそうです



O先生 『写真がなくても大丈夫ですよ 唯子さんへの質問も控えることができますし』
    
わたし 『いえいえ 写真は用意できます 小さい頃の質問も 特に問題はありません』


O先生 『事前に聞かせていただけたら 地雷を踏むこともないので・・・・』


★一体 何の地雷なのでしょうか・・・・
 先生 心配しすぎですよ♪ そんなに気をつかっていただかなくても大丈夫ですよ♪


唯子さんは 両親と離れて暮らしていることから 他の子たちと違うと思われがちなのでしょうか・・・



わたし 『2学期の個人懇談は唯子さんのパパがお話を聞きに行ってくれたので わたし
     は遠慮しましたが 唯子さんの学校での話をいろいろと聞きたかったです』


O先生 『今 よかったら 電話で懇談しますか?』


わたし 『はい お願いします♪』


ということで O先生と祖母のわたしとの個人懇談が始まりました♪


唯子さんは とても明るくて活発らしいです♪


そういってもらえるのは嬉しいことなのですが


先生の言葉から


★祖父母に育てられている・・・・
★他の子に何か言われるのではないか・・・・


という心配を抱えて見守ってくれているのだな ということが強く感じられました


わたし 『☆祖父母ですが 唯子さんのことは実の娘と思って育てています
     ☆祖父母だからって 軽い気持ちで育てているつもりはありません
     ☆わたしは 唯子さんに期待を持って育てているんですよ』


しっかりと伝えておきました♪




☆両親のもとで育つ=環境が整っている


☆両親と離れて育つ=環境面で問題がある 



こんな考え方をされるのは仕方がないと諦めてはいますが


《親以外に育てられても良い子に育つね♪》と言ってもらえるように


これからも 頑張ってみようと思います♪



唯子さんは 平日は両親と離れて暮らしているだけです


土日には親のところで生活しています♪



唯子さん♪ 明るくて とても良い子に育っていると思います♪



BaBaがんばれ!
ってポチっとおねがいします
 ↓ ↓ ↓


にほんブログ村